社名『カラビナハート』に込めた思い

カラビナとは、主に登山に用いられる固定具のこと。開閉できる部品(ゲート)がついた金属リングで、登山ではロープとハーネス、ハーケンやクライミングチョックといった機材を「素早く」「確実に」つなぐことができる必需品。 このカラビナのように、人々のハートとハートをつなぐ存在になりたいという願いを込め、社名を『カラビナハート』と名付けました。

チームメンバー

代表取締役社長:森 洋平(もり ようへい)

株式会社ぐるなびを経て、Dell株式会社に入社。事業企画のPlannerとしてマーケティング部に配属され2年連続MVPを受賞。その後Citibankに移りオンライン口座獲得の事業責任者として従事。年間の獲得目標を3ヶ月で達成するなど業績に貢献。DeAGOSTINI時代には複数部署を統括し通販事業部にて年間売上5億円・利益1.5億円の事業を作り利益に貢献。新規事業部にて、ライセンス事業を立ち上げ、株式会社タカラトミー様と日経ヒット番付け上位に入るRobi.jrを開発。2018年時点で累計5万台以上の売上、数千万円のライセンス収入に寄与した。その後、KaizenPlatformを経て2017年にマーケティング・コンサルティング会社のカラビナハート株式会社を設立。 独立後はマーケティングコンサルタントという立場で、さまざまな事業主様の課題に対し業務支援を行っている。(事例紹介ご参照) 趣味は海外旅行。現在までに約60カ国への渡航経験があり、一番のお気に入りはスイスの山岳地帯。

吉田 啓介(よしだ けいすけ)

BtoCの営業、出版社編集の後に株式会社すかいらーくHDに入社。店舗マネジャーやインストアメディアでBtoBマーケティング、2013年からマーケティング本部に所属。店舗誘引を軸としたコミュニケーション・プロモーション・SNS企画に従事。 主な実績として、インストアメディア事業の立ち上げにて、1年半で売上高10億円達成し事業化に成功。すかいらーくアプリは2千万DL、450万MAUを達成。Twitterアカウントを設立し、2年間で210万人フォロワーに成長。また、オウンドメディア「タベル」立ち上げから2年目で2,125千PV/年までに成長。2011年から8期連続の売上高増で2019年度は過去10年で最高の3,754億円を達成。 2020年5月よりカラビナハート社に加わる。

平岡 彩奈(ひらおか あやな)

海外留学から帰国後、経験を活かし留学エージェントで留学コンサルとして従事。 短期留学から大学進学までカウンセリングからプランニング、手配まですべての業務を担当。 2020年9月よりカラビナハート株式会社に加わる。 マーケティング職の人材紹介を立ち上げから従事。

小坂 歩未 (こさか あゆみ)

全国展開のヘアメイクサロンにてヘアメイクアーティストとして5年活動、 表参道店の副店長を経験。 年間約4500人のお客様にヘアセット、メイクなどの施術を行う。 並行して美容商材販売促進のための施策立案・実行を担当。 2020年10月よりカラビナハート社に加わる。 主にSNSコンサルティング・運用支援に従事。 現在はSNSコンサルティングのサポートをしつつ、 クライアント企業様のSNSアカウントの運用を担当。 前職での現場での接客経験を活かした、顧客目線でのご提案が得意領域。

牛島 龍之介 (うしじま りゅうのすけ)

2022年2月から参画し、SNSコンサルアシスタントとしてクライアントのSNSアカウントの運用やコンサルサポートを担当。2020年まではエネルギー商社である三愛石油株式会社にて航空機への給油業務、燃料品質管理業務、エンジンオイル保管業務に従事。5年7カ月で約12000機の航空機に給油を実施し、新入社員への教育やOJT訓練マニュアルの改訂も担当した。その後フリーランスとして開業し、WEBサイトの運営や作成、アクセス解析、SNSを活用した広告宣伝業務を行った。

佐藤 真理奈 (さとう まりな)

2022年4月よりカラビナハート株式会社に入社。 それまでは株式会社スペースシャワーネットワークで自社のWEBサービスの運用、ファンクラブの運営、ECサイト運営などを担当。 また、2020年6月より子供服の通販サイトを個人で立ち上げて運営している。 Instagramアカウントのフォロワーは1万人。 自身のSNS・EC運営と前職での経験を元にしたファン作り、ブランディング、企画考案を得意としている。

会社概要

社名 カラビナハート株式会社
住所 東京都中央区日本橋小舟町8−6 H¹O日本橋小舟町 810号
事業内容 コンサルティング業、人材紹介
代表取締役 森 洋平
設立年度 2017年
資本金 8,000,000円
有料職業紹介事業許可 13-ユ-311999